ブラックジャックパーティーの進行および主催

ブラックジャックパーティーを開催したり、友人らと何手かプレイしたりしようとする前に、ゲームをどのように進行するかを覚える必要がありますよね。カード切り、チップの取り扱い方法、そしてカードの引き方の基礎を習得したら、準備ができたと言えるでしょう。なぜでしょうか。それは、自らがハウスとなり、自分に勝ち目がある方が楽しいからです。

自分のハウスルールを設定する

ラスベガスのストリップにおけるシングルデッキブラックジャックの規制はとても典型的なもので、ハウスエッジはおよそ0.5%です。ブラックジャックのオッズチャートを見ることで、ルールがハウスかプレイヤーのどちらにとって有利なのかが分かりますが、ハウスエッジが約1%のゲームでプレイヤーらはほとんどの場合大満足でしょう。

あなたのテーブルリミット

あなたがハウスになるので、あなたの手元資金は賭けに使われることになります。500単位の場合、500ドルの手元資金に関して、テーブルリミットは25セントから1ドルになります。これは控えめな値に見えるかもしれませんが、これがあなたの支払い能力なのです。もちろん、これよりも大きな額を設定することもできますが、そうするとあなたの破産の可能性が増大します。プレイヤー6人のテーブルが1つの場合、あなたに支払い可能なのは最大1ドルの賭けです。

ほとんどのプレイヤーに知られておらず、カジノしか知らないことなのですが、カジノではハウスエッジの小さいゲームを提供しながら、ハウスのホールド率、もしくはプレイヤーが実際に負ける額はかなり大きいということがあります。あなたが適用しているルールでは、通常のブラックジャックゲームは15から20%のホールド率です。

これはプレイヤーがたった1回ではなく、多くの賭けを行うという事実に基づいており、プレイヤーは破産するとプレイをやめます。勝った場合にはプレイを続けることが多く、ハウスエッジに苦しめられることになるのです。

6人仲間がいるなら、それぞれ40ドル出してもらうと合計240ドルのバイインになり、あなたはその20%、およそ50ドル勝つ可能性が高いでしょう。

ホームゲームの利点は、参加者がしばしばお金を賭けすぎるという点です。100ドルもしくはそれ以上のバイインを提供してもらえれば、あなたは10ドルまたは25ドルも得ることができます。少しの手元資金を持つプレイヤーを破産させるのは簡単ですが、自分自身それよりも多額の手元資金がなければなりません。

チップとカード

最も手を抜きたくない箇所はプレイ設備です。カードに瞬時にマークを付けられないために、カードは表を上にして配り、プレイヤーがそれに触れないようにすることが1番なのですが、それでもパーティーのたびに新しいカードデッキを購入する価値はあります。そのカードデッキを開封するところを参加者に見てもらい、52枚すべてのカードが使われていることを保証します。万が一の時のために、手元にはバックアップ用のカードデッキを置いておくといいでしょう。